スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠の45 ~ORASエディション~

(ORAS要素は)ないです。
どうもマサヤです。今回は第13回キツネの社mfに参加して、
予選7-2で6位通過からのベスト16に入ることができたので、
またブログ書きます。ただ、今回の構築は
http://85dragons.blog.fc2.com/blog-entry-19.html
のものから、水ロトムのめざ草→10万ボルト、
ガルーラの炎のパンチ→すてみタックル、
不意打ち→地震に変えただけなので、個体紹介は割愛し、
自分なりの構築の使用感を話していこうかと思います。

ではまず、今回の選出率を書きます。(○は勝った時選出、×は負けた時選出)

クレッフィ ○××(3回)
メタモン ×(1回)
ガルーラ ○○○××(5回)
水ロトム ○○○○○○×××(9回)
マンムー ○○○○○○○○×(9回)
ファイアロー ○○○○○○(6回)

見てもらえればわかるんですが、クレメタそんな出しません。まあ
出してもなんとかなるんですが、環境的にクレメタに対して強いポケモンが
多いですね。(Bが高いボルト、霊獣ランド、スイクン、クレセリア、
ポリ2など)クレメタだけを見て、害悪だからここをメタる、
逆に下3体には勝てるだろう、なんとかなるという考えの人が多いと思います。

クレッフィメタモン2体をメタりにいくと、たいてい電気、地面、水ポケモンが
多くなります。ここで、マンムーと水ロトムが輝きます。スカーフマンムーで
クレッフィを倒そうとする、かつSが普通だとマンムーより早いポケモンを
すべて狩ります。マンムーが相性が悪い相手なら、そのポケモンは
水ロトムに弱いことが多いです。(メガネドロポンであれば、
HB図太いポリ2が93,8%の乱数2発など)
マンムーが弱い相手は大抵水ポケモンが多いです。かつ地面ポケモンは
水ロトムには受けだしするのが怖いと思われます。ここで、水ロトムの
メガネボルトチェンジで負担を与えていきます。受けだしてきたポケモンは
鉢巻ファイアローが受からなくなってきます。なお、ファイアローにも
とんぼ返りが入っているので、とんボルチェンの形で
くるくる回していくことももちろん可能です。

ここまで下3体の強さを説明してきましたが、要は何が言いたいか。
それは、有利対面を作り続けることが強いということです。常識ですね。
現環境では、先ほども述べたとおり、ボルトランドスイクンや、
ファイアローの人権チェックを受けられない(鉢巻ブレバ確1ないし確2)
ポケモン(ウルガモス、ミミロップなど)が増加しているように思えます。
こう見ていくと、この3体の並びはとても刺さっているように思えます。

ここでつらいポケモンがいますね。クレセリアです。こいつはHBなら
一応メガネドロポン2連当てで乱数2発 (79.3%)なんですが、
やはりポリ2と合わせて、計50%程度の確率に賭けるのはなかなか
つらいものがあります。そこで、ガルーラの出番になります。 
#よく考えたら刺さってない #ここが改善すべき場所になります
ガルーラのグロパン雪崩で怯ませて、終わり!とか考えてました。
(実際1試合やろうとして失敗し、すてみで11交換した)
ガルーラの雪崩は51%で怯みを引くことができます。しかし、
命中率を考慮したとき45,9%まで、怯み確率が落ちています。
↑の水ロトムのドロポン2連当てのほうが確率高いですね。
この構築において、クレセリアを処理するため、また汎用性が高い。
このためにガルーラを入れていたんですが、改善するならここです。
明らかに岩雪崩打ちたいから入れただろこれ、ってレベルで
ガバガバ思考 #水平思考 になっています。何を入れるべきかは
まだ考えきれてないですが、ここを詰めればかなり完成された構築に
なると思います。もしも使うことがあれば、ガルーラの部分を考えましょう。

最後になりますが、ここまで見るとクレメタ自体は弱く見えますが、
そうではないです。積リレーやガルーラマンダを軸に据えた構築だと、
そこをコピーすれば勝ちなので、クレメタロトム(+地面炎への遂行)
の並びで選出できればかなり強いでしょう。ただし、1つだけ言っておきます。

威張るは用量と用法を正しく守って
使いましょう。


見てくださって、ありがとうございました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。