スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

56オフ準優勝構築 せつな@沸き構築作成担当

8月2日に古石場文化センターで開かれた56オフというチームオフに参加してきました。
今回はこのオフのスタッフの一人であるマサヤくんに誘われて参加したのですがその際に、

「俺ともう一人が運ゲ仕掛けてどっちかが勝つから君は全勝してくれ^^」

と頼まれたのでちゃんと考えました。
そしたら「沸き構築作成担当」とかいうふざけた名前でエントリーされてました。礼儀だと思います。

・パーティ紹介
使用した構築はこんなのです。
56オフ構築
構築名「たたりめでドーン」

カイリュー以外の全員が状態異常技持ち。どくどくやゴツゴツメットでスリップ稼いで「たたりめでドーン!で勝ち~。」っていうパーティです。

個人戦績は予選6勝0敗、準決勝勝ち、決勝負けの7-1
チームとしては準優勝。

マサヤくんに言われたとおり予選全勝してあげました。全ての試合で僕にチームの勝敗がかかっていたので緊張で胃腸を痛めました。あとでマサヤくんに慰謝料を請求しようと思います。
aimaimi-.gif←おなかを痛めた僕(代理:麻衣)

それでは1匹ずつ紹介します。
gengar-mega.gif
ゲンガー@ゲンガナイト
おくびょうほぼHSぶっぱ
ふゆう→かげふみ
おにび、みがわり、ヘドロばくだん、たたりめ

今回のパーティの軸。ポリゴン2との縦の並びのよさは有名。
前述の通り「こいつ以外のポケモンで状態異常を撒き、スリップを与えておき、たたりめ、ヘドロばくだんの圏内に押し込んでこいつで全抜き。」を考えて立ち回る。

porygon2.gif
ポリゴン2@しんかのきせき
ずぶといほぼHBぶっぱ
トレース
じこさいせい、シャドーボール、どくどく、トライアタック

毒吐き担当。サンダークレセゲンガーと縦の相性がいい。割とこいつだけで突破できる展開も多くてえらい。
「マルスケカイリューや霊獣ランドロスなどに繰り出して特性をコピーし、相手を交代させたところでどくどくを入れる。」という展開を意識する。これがきまると後ろから壁を張りに出てきたライコウなどをじこさいせい連打してるだけで壁ターンを消費しながらほぼ無償で突破できたりする。
ひかえめにしてC振って、シャドボでH振りメガゲンガーを確2まで振ってあげてもやりやすくなるかも。

zapdos.gif
サンダー@ゴツゴツメット
ずぶといほぼHBぶっぱ
プレッシャー
どくどく、ねっぷう、10万ボルト、はねやすめ

再びの毒吐き担当。ローブシンやナットレイを見てもらう枠。相手を倒す。ということよりゴツメやどくどくでスリップを稼ぐことに重点を置いた運用。ローブシンやナットレイ、スイクンあたりがいたときだけ選出するイメージだったので選出回数は少なく2/8。

dragonite.gif
カイリュー@ラムのみ
ようきほぼASぶっぱ
マルチスケイル
りゅうのまい、げきりん、しんそく、じしん

テンプレなカイリュー。これが一番使いやすい気がします。
たたりめゲンガーを使っていることもあり最近多い初手ゲンガーミラーを避けたいので安定して初手出ししやすいラムカイリューを起用。相手にフェアリーがいなかったりするとこいつの3縦展開もあったりして強かったです。

breloom.gif
キノガッサ@きあいのタスキ
ようきほぼASぶっぱ
テクニシャン
キノコのほうし、タネマシンガン、マッハパンチ、がんせきふうじ

テンプレなテクニガッサ。パーティ全体で重い悪タイプ、特にバンギラスへの対抗策として起用。展開において相手を詰みに持っていく一手として選出することが多い。
ほぼ死に出しか初手出ししか出来ないという性質上パーティ内で浮いていた感じは否めない。

クレセリア
クレセリア@たべのこし
ずぶといほぼHBぶっぱ
ふゆう
つきのひかり、サイコキネシス、でんじは、どくどく

遅れてやってきた最後の毒吐き担当。相手によってはでんじはを撃っていく。
大会直前までピクシーと迷っていたこの枠。相手をほぼどくどくでしか突破できないことで積みの起点になりやすさが半端なかったので大会では1度も選出できなかった。サイコキネシスを自主退場ができてカイリューなどを復帰できるみかづきのまいにしてもいいかもしれない。

・反省点
今大会での反省点としては「悪と龍の一貫性が強くサザンドラが重かったこと。」、「物理受けばっかりになってしまい特殊に薄かった。」、「メガヘラクロスとヒードランの並びへの回答がなかったこと。」が上げられます。
大会決勝ではメガヘラクロスの前にふがいない試合をしてしまい落ち込んで、おなかを痛めてそのまま友達の家に転がり込んでバサラ4やりました。楽しかったです。

パーティ内で浮いていたキノガッサと選出しなかったクレセリアを変えてあげるともっとよくなるかと思います。

初めてのオフ会で緊張しましたがやりたいことやれて楽しく終われてよかったです。
運営をしてくださった主催者様ならびにスタッフの皆さん、そしてうまいこと交代交代勝ってくれたチームメイトのマサヤくんとぶいなおくんにも感謝です。

それではまた。
せつな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。