スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学生になったら ~売っていいもの悪いもの~

今回の記事はこの春から大学生になる皆さんの、どういった心構えで学生生活を送るべきかという疑問に対して「売っていいもの」「売ってはいけないもの」という観点から答えていこうというものです。

今回は売っていいものと売ってはいけないものをそれぞれ3つずつあげていこうと思います。
白文字で副音声も流していくので見つけた方はこちらもよろしくお願いします。


カービイボウル


カービイボ売る


売っていいもの

その1


大学に入って講義を受けるにしろ、サークルに入るにしろ、バイトをするにしろ、一人暮らしをするにしろ、とにかく初めてのことの方が多いと思います。そういった環境では何よりも周りにいる人があなたの助けになります。積極的に自分の顔を広げていきましょう。いろんな人とかかわりを持つことでいろんな方面から助けてもらえる可能性が生まれます。また、いろんな人とかかわることはいろんな視点、いろんな知見を得ることにもつながります。偏った視点の人間にならないためにも、できるだけ様々な人と関われるといいですね。
オタクばっかと絡んでるとと碌なことがないぞってことです。バイトとかもできるならいろいろなものつまみ食いすると色々発見があって楽しいですよ。


その2


その1と重なる部分がありますが、人の助けを得るときは何か「この人を助けてあげたい」と思わせる部分が必要になります。新大学生というのは非常に助けてあげたくなる存在ですが、新大学生全てを助けられるのは残念ながら一部の石油王だけです。石油王ではない人から助けを得るにはもうひと押しがほしいところです。媚を売りましょう。新大学生の皆さんの周りはおそらく多くの人が自分より年上でしょう。うまいこと媚を売って年上の方々の庇護欲をくすぐっていきましょう。
とはいえ、媚の売り方は相手によって慎重に変えていくべきです。ヨイショしてれば勝手に木に登る人もいれば、ちょっと媚びた態度を出すだけで警戒心MAXになる人もいます。臨機応変に頑張りましょう。
※※そもそも、この記事は売った方がいいものを紹介するのが目的なので売り方まではカバーできません。媚の売り方が分からない!とか言われてもギャハハとしか言えないです。
媚の売り方に関してはリアルにぼくの生命線みたいなところあるので迂闊に人に教えたくないんですよね。色んな人に上手に媚売ってここまできてしまったので。


その3


上二つは人から助けてもらおうという内容でしたが、今度は人を助けようという内容です。まあ人に恩を売っておけば自分が困ったときに人から助けてもらいやすくなるのは人間の心理として当然ですよね。未来の自分を助けるつもりで、自分が元気なうちに周りの人をどんどん助けちゃいましょう。特に同輩を助けておくと行動を共にする時間が長い分、リターンが大きいです。時間割相談とか楽単情報とかを交換しながら恩を着せていきましょう。また、後輩ができたときににはどんどん恩を売ってあげましょう。後輩に好かれるというのはそれだけでそのコミュニティの居心地が大きく変わります。
※恩を売る相手を間違えると、平気で恩の食い逃げとかされるので気合で見極めてください。
ぼくは人の心が分からないアスペなので後輩に好かれてるかは分からないですが、状況証拠的にはまあ嫌われてはなさそうなので、後輩の面倒を見た甲斐がありましたね。てか恩とか関係なしに可愛い後輩なので大事にしていきたいです。(媚)


ここからは売ってはいけないものです。

その1
喧嘩

売っても買ってもいけないんですけど、まあ喧嘩を売るのはやめておきましょう。
皆さんが思ってるより腹の立つことって大学で増えるものでして、むかつく相手に喧嘩を売りたくなってもしっかり自分をセーブしていきましょう。
どうしてもむかつく相手には根を回しに回して入念に下準備をして社会的に殺すくらいの完全犯罪計画を立ててみましょう。できるだけ詳細に。多くの人間が実行前に怒りを忘れて飽きます。飽きずに実行に移せるような人は遅かれ早かれブタ箱送りでしょう。それがちょっとはやいだけの話。人生の飛び級ですね。
ポケサーみたいなTwitterで交友を広げるような文化圏だと、個人間で揉めただけの話が関係ない大学にまで伝播していろいろなマイナスイメージがついてしまうので揉めそうになったら軽く流してミュート&ブロックです。そうもいかない面倒な案件ならもうドンマイですね。


その2
友人

上の恩の項で人を助けると自分が助けられる話をしましたが、今度はその逆です。しかし、自分の失敗を友人に押し付ける、自分がこうむりそうな損を友人に肩代わりさせる、こういった行為をしたとしても相手から同じ行為が返ってくることは無いでしょう。そんなことをした瞬間、その友人はもう友人ではなくなり、あなたの前から姿を消してしまうからです。あなたが一生のうちに会える人数には限りがあります。大学にいる4年間で見ればもっと少ないでしょう。限りある縁を大事にしましょう。友人を売るようなことはしてはいけません。
裏を返せば、手を切りたいやつはガンガン売り飛ばしていいってことです。やり方次第で人間関係が随分楽になります。


その3
自分

自分を大切にしてください。他人のために必要以上に自分を切り売りするのは関心できる行為ではありません。もちろん例外はありますが。そのサークルは自分が心身をすり減らしてまで働く価値のあるものですか?そのバイトはあなたが体力と時間の限りを尽くす価値のあるものですか?その職務から逃げ出して、自分の悪口が聞こえてきたっていいじゃないですか。体をこわしたら、命を落としたら、もう悪口も聞こえなくなるかもしれないんです。あなたが死んでしまったら、あなたが思っているよりたくさんの人が悲しむんです。少なくとも、この記事を書いている僕はこの記事を読んでくれているあなたの死を悲しみます。どうか命を大事に。心身の健康を大事に。
話を戻すと、自分をあんまり売るものじゃないよってところなんですけど、恩とか媚を売る時には自分を売ることもあると思うので、そこは臨機応変にいきましょう。恩を売ったら返ってくるように、自分が身をすり減らした苦労は他の人から返ってくることもあると思います。何事もバランスですね。
僕自身、自分がしんどくなるほど塾講で働いたり、サークルの色々を色々してきたので(解決したとは言ってない)、しんどくなるくらいなら逃げてしまえと声を大にして言いたいです。顔を広くして色んな所に居場所を作ってるとどこかで上手くいかなくても他の所で気持ちを立て直せたりするのでかなり心が楽になりました。

まとめ
人との縁を大切にしよう
でも自分も大切にね
の2点です。
ここまで触れてきていませんでしたが、単位とかは普通の人間なら普通に取れるので特に語ることはありません。
単位の取り方が分からないので語ることがありません。語ることができません。



おまけ
こういう話を新歓飲みでしてくるような先輩は間違いなく碌な奴ではないので関わらないようにしましょう。サークル内で認められてないから新入生にいい顔して承認欲求を満たそうとしてるような輩です。相手にしてはいけません。
自戒と、サークル員への釘刺しです

ブーメランボーイ

スポンサーサイト

ランドレック~ジュペッタを添えて~

つづけてこんにちは、かずのこです。
大阪大会で使ったレシピをメモ代わりに載せておきます。
ベスト16でした。
それでは続きからどうぞ。
landorus-therian_201506051154185d4.gifrayquaza.gifbanette.gif

ゲームっぽくgifを並べるのに憧れてた裏設定がある。

続きを読む»

レックウザメガバトル大阪大会の話

どうもこんにちは、かずのこです。
この度5/31に大阪で行われたレックウザメガバトルにてベスト16という
自己最高の成績を収めることが出来たので
需要は無視して記念に対戦レポをまとめておきます。
奥の手が禁じ手になった今もう使わないのでレシピも別記事で載せておきます。
レックウザメガバトル大阪

続きを読む»

どろでのみこむ以外の感情を失った

こんにちは、かずのここと、クラターヌ博士です。
ブログを放置している間にも色々ブログの記事のネタはあったんですが、
キーボードを打つと蕁麻疹が出てしまう人体改造を
ショッカーに施されてました。虚無。
今は蕁麻疹を掻きむしりながら記事を書いてます。ガンバレ。


なんで必死の思いで記事書いてるかというと、
今月開催されているレックウザメガバトルでの参加賞である
ラグラージEXというカードをメインにしたデッキを組みました。
案外回してみたら面白かったんで記事にしておこうかなと。
後大阪で使うデッキ考察の一休み的な。
ちなみにXYレギュという裏設定があります。


続きを読む»

Generation Showdown感想と雑感

2月13日~15日に開かれたインターネット大会「Generation Showdown(以下GeS)」に参加しました。
Generation Showdown

このルールが発表された際、我々りゅうのはどうもGSメインサークルとして「みんなで参加しよう」と誓い合いました。
しかし蓋を開けてみたら僕とヒモしか参加しておらず、かずのこくんに至ってはPGLの登録すらしていませんでした。雑魚。
BXaFTC9CYAAzAhx.jpg


今回のルールは間単に言うと禁止伝説を2体までパーティに入れられるダブルバトル。ただしいわゆる「幻のポケモン」は使用不可。ORASで新たに増えた禁止伝説ゲンシカイオーガ、ゲンシグラードン、メガレックウザが大きく環境を変えたと言っていいでしょう。事実この3種が入ってないパーティは30試合やって10個もなかったと思います(メモ取り忘れてたのでうろ覚え)。

自分のパーティはこんな感じ
GeSパーティ


はじめはゲンシグラードン+ゼルネアスというゴリラじみた構築からスタートしたのですが、
・その性能からあきらかにメタられるだろうという懸念
・対カイオーガ性能を「おわりのだいち」に頼りすぎてしまう点
・「おわりのだいち」発動のためにグラードンは最遅にしたいが「トリックルーム」は「ジオコントロール」をするゼルネアスと合性がよくないという点

などが懸念され直前で変更。

おわりのだいち(ゲンシグラードン)をメタったカイオーガパルキア軸にした。
kyogre-primal.gifpalkia.gif
この変わらない安心感
現環境でもパルキアがS100なのはすごく偉かった。

~個別紹介~
(技は上の画像参照で)
kyogre-primal.gif
カイオーガ@あいいろのたま
ひかえめHC252S4
耐久に振らないとようきメガガルーラの「すてみタックル」で乱数1発と気づきHCぶっぱなしての「おいかぜ」軸に決まる。
雨控えめ特化「こんげんのはどう」がとても強くて頼りすぎて外して負けた試合が5回くらいあった。あのときの反省が活かされていない。
Sに4振ったことで素早さ判定に役立ったりするかと思ったがそんなでもなかった(むしろゲンシグラードンとの同速対決とかあった)。

palkia.gif

パルキア@こだわりメガネ
おくびょうCS252D4
2006年から9年間、変わらずカイオーガの相棒を務めるシンオウの伝説。
カイオーガの相棒であり対カイオーガ性能の高さもあり採用。S100も相変わらず優秀。
実はエルフーンに有効打がないことに15試合目くらいで気づいた。
30試合中28試合くらい出したが「ハイドロポンプ」を1度も押さなかった。反省が活きてる。

kangaskhan-mega_20141013095344a7d.gif
ガルーラ@ガルーラナイト
ようきAS252H4
ねこだまし」と十分な打点、そこそこの耐久で当然のように採用。
前述のように耐久に振ってないカイオーガは「すてみタックル」で乱数1発なのでこっちのカイオーガより先に相手のカイオーガがゲンシカイキしてきたら耐久振ってないと見て積極的に殴りかかった。それで2回倒した(なんでこいつ禁止級じゃないんだ・・・)。ディアルガなどに撃った「けたぐり」は貴重な格闘打点でもあった。

whimsicott_20150216151955006.gif
エルフーン@きあいのタスキ
おくびょうHS252D4
パーティを支える最重要システムキャラクター
おいかぜ」、「なやみのたね」はカイオーガを通すために大いに役立ったほか構築全体で重かったメガレックウザを上から倒すためにも必要不可欠な存在であった。「アンコール」は「まもる」や「ジオコントロール」を見てから打てる強力な安定択。「がむしゃら」はタスキ発動+「こんげんのはどう」でディアルガや相手のゲンシカイオーガなど多くのポケモンを倒すのに役立った。なおタスキ発動していないH167の「がむしゃら」でも雨特化「こんげんのはどう」を耐えるにはD無振り等倍でD種族値105くらいないと確定では耐えられない。
他に入れたい技として「おいかぜ」再発動まで保たせる為の「まもる」や補佐のための「てだすけ」などがあったがこの形でよかったと思う。
相手のディアルガなどの「トリックルーム」を「アンコール」したことで毎ターン空間がゆがむ刺激的な試合が2回ほどあった。

landorus.gif
ランドロス化身@いのちのたま
おくびょうCS252H4
グラードンを上から殴り倒せるコマとして採用した。構築段階では「なやみのたね」+「こんげんのはどう」はそんなに成功しないだろうと思ってグラードンをパルキア含め2匹以上で見ようとしていたが実際にはこれがうまくハマっていた為ほとんど出番がなかった。
ヘドロばくだん」はゼルネアスに打つかなと思って採用したが弱すぎて全然打たなかった。「めざめるパワー氷」にしてランドロス霊獣に打点を持たせるべきであったと反省。

aegislash.gif
ギルガルド@ラムのみ
いじっぱりHA252S4
構築の中に1枚は欲しかった「ワイドガード」、特殊偏重な中で欲しかった(特にゼルネアスへの)確かな物理打点、一応の「トリックルーム」警戒も少し意識しての採用。
要所要所でいい活躍をしたがゲンシカイオーガゲンシグラードン両方に打点がないのが辛かった。この2匹相手のときは「ワイドガード」のシステムとして割り切ってしまおう。
ラムのみは一度も食べなかったのでオッカのみやオボンのみでもよさそう。

~基本的な選出方針~
・相手にグラードンがいるとき
カイオーガ+エルフーンスタート
初手グラードンは大抵カイオーガより遅いので「なやみのたね」を投げておわりのだいちを消し「こんげんのはどう」で倒す。「なやみのたね」は割と読まれないのかこの流れで12匹くらいのグラードンを倒した。
なやみこんげん
こんげんのはどう」がはずれるととても気まずい。
groudon-primal.gif
紅と黒の色合いがかっこよすぎてずるい

・相手にグラードンがいないとき
カイオーガ+エルフーンまたはカイオーガ+ガルーラスタート
カイオーガがHC振りなのでエルフーンで「おいかぜ」をまかないとやっていられないのでどっちにしろカイオーガエルフーンがほとんどだった。
ガルーラスタートする場合は相手にガルーラがいて猫+なんかでエルフーンカイオーガのどっちかが1ターン目から消されそうな場合。このときは仕方ないのでガルガル猫まである。

・相手にメガレックウザがいるとき
つらい。「おいかぜ」を残し続けることを意識して上から殴る。(大抵「しんそく」でエルフーンが吹っ飛ばされる)。
rayquaza-mega.gif
メガシンカ時の会場をくるっとまわる回転アピールが腹立つ

~雑感~
戦績は21-9でレートは1680くらい。
前述のように「こんげんのはどう」や「あくうせつだん」の外しでこぼした試合がいくつかあったのでその辺を突き詰めていけたらよかった。
伝説のポケモンたちが大暴れするルールは楽しかった。このルール常設してくれないかな・・・。

以上です。また次の機会があったら1700乗って終われるよう頑張ります。

せつな
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。